So-net無料ブログ作成

ゴーストライター 中谷美紀 第5話 予告動画 水川あさみ 三浦翔平 石橋凌 田中哲司 [ドラマ]

ゴーストライターフジテレビ系

中谷美紀が13年ぶり連続ドラマ主演。
女同士の対決と友情を描くヒューマンサスペンス

放送開始日2月10日
毎週火曜21:00~21:54
主題歌 androp オープニングテーマ三浦大知「Unlock」
 
 
第5話

映画の原作となる小説「エターナルレシピ」が書きあがり、
リサ(中谷美紀)は主演の女優・菅原加奈との
トークショーに出席する。

帰宅したリサは、連載小説を書いていた
由樹(水川あさみ)に、トークショーで受けた
拍手の半分は由樹のものであり、
私たちはふたりで遠野リサだと話す。

編集部で、リサの連載小説「窓際の席で待っています」の
原稿を読んでいた小田(三浦翔平)は、
文中にあったある言葉に目を留め、疑念を抱く。

由樹を食事に誘った小田は、
「窓際の席で待っています」のキャラクターを批判する。

ムキになって反論する由樹を見て、
疑惑が確信に変わった小田は、
小説を書いているのはリサではなく
由樹ではないかと切り出した。

助けになりたいと申し出る小田に由樹は…。

そんななか、編集部にリサの担当者宛ての荷物が届いた。

小田が荷物を開けると、そこには手りゅう弾が入っていた。

すぐに手りゅう弾は偽物であることが判明するが、
警察に呼び出されたリサは、同封されていた
脅迫文ともとれるメッセージを見て顔色を変え…。

 

.

キャスト

中谷美紀/遠野リサ役
人気小説家。30代にして天才といわれるものの、
行き詰まりを感じている。
しかし、自らの才能の枯渇を誰にも
打ち明けられずに日々おびえる中で、
由樹と出会い、アシスタントをさせることに。

水川あさみ/川原由樹役
プロの小説家を目指し上京してきた作家のたまご。
リサのアシスタントとなるが、
憧れを抱いていたはずのリサの
ゴーストライターとなったことから、
次第に彼女に複雑な感情を抱き始める。

三浦翔平/小田颯人役
日本4大出版社の1つ、「駿峰社」の
新人編集者で文芸雑誌担当。
由樹にリサのアシスタントを依頼する。

石橋凌/鳥飼正義役
「駿峰社」の常務取締役。
会社にとって心臓部ともいえる文芸と
販売の2つのセクションを統括する、
実質的な最高権力者。

田中哲司/神崎雄司役
「駿峰社」の文芸雑誌編集長。
リサの賞味期限と由樹の才能の
値踏みを周到に行い、
あらゆる手を使って最年少役員の座を狙っている。

ストーリー 

30代にして天才小説家ともてはやされる遠野リサ(中谷美紀)は、
その称賛の陰で人知れず才能の枯渇に苦悩していた。

そんなリサの前に現れた、小説家を夢見て
上京した才能あふれる20代の川原由樹(水川あさみ)。

師弟関係からスタートした2人だったが、
その距離はスター小説家であるリサの
ゴーストライターを由樹が務めることになってから激変。

リサと由樹の関係は、次第にスリリングな女の対決と
いう構図を見せ始め、時には友に、時には敵にと、
さまざまな変化を遂げていく。


概 要

2014年に話題となった、“ゴーストライター”の
事件を彷彿とさせる衝撃のドラマで、
中谷美紀が約13年ぶりに連続ドラマ主演を務める。

脚本は、「僕のいた時間」「フリーター、家を買う。」
「僕の生きる道」シリーズ(すべて同系)の橋部敦子。
中谷が演じるのは、天才小説家と賞賛を受ける影で、
人知れず才能の枯渇に悩みゴーストライターの手を
借りてしまう小説家の遠野リサ。
水川あさみ演じる、ゴーストライターとなる
アシスタントの川原由樹との女の対決と友情、
人としての成長を描く。
三浦翔平、菜々緒、石橋凌、田中哲司らが脇を固め、
出版業界のリアルな姿も描いていく。



トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。