So-net無料ブログ作成

正義のセ 吉高由里子 第3話 安田顕 三浦翔平 広瀬アリス 寺脇康文 生瀬勝久 [ドラマ]

正義のセ日本テレビ系

吉高由里子演じる新人検事が仕事に恋に突き進む、痛快お仕事ドラマ


放送日2018年4月25日
原作:阿川佐和子「正義のセ」(角川文庫)
主題歌:失敗学/福山雅治

正義のセ#01-1.GIF

第3話

正義のセ#03-1.GIF


結婚詐欺事件を担当する事になった
凜々子(吉高由里子)。


被害者の七美(磯山さやか)は、
結婚の約束をしていた男から
一千万円を騙し取られたという。


だが、被疑者の鈴木(三浦貴大)は
金は受け取っておらず、
七美の事も愛していたと訴える。


凜々子は相原(安田顕)とともに
詐欺の証拠を探し出そうとするが、
決定的な物は見つからず、
捜査は難航していく…。


そんな中、凜々子は恋人の
優希(大野拓朗)から突然、
プロポーズされる!

ゲスト

三浦貴大

磯山さやか

正義のセ#03.GIF


⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。

.







キャスト

吉高由里子/竹村凜々子 役
横浜地検港南支部に勤める2年目の検事。
正義感が強く真っすぐで、
納得するまで決して諦めない
性格の持ち主。
感情が豊かで頑固でもあるため、
すぐにカッとしてしまい、
取り調べに失敗してしまうことも
多々ある。

安田顕/相原勉 役
凜々子のサポートをする担当検察事務官。
普段は冷静に、淡々と凜々子と
接しているが、破天荒に突っ走る
凜々子に振り回されることも多く、
ついついお小言を言ってしまうことも。

三浦翔平/大塚仁志 役
凜々子と同じ支部に所属する検事で、
自他ともに認める港南支部のエース。
自分にも他人にも厳しい
ストイックな性格で、
暴走しがちな凜々子には何かと
厳しい態度を取る。

広瀬アリス/竹村温子 役
凜々子の妹で、実家の豆腐屋を
手伝っている。
ふんわりとした性格だが、
凜々子に事件のことを
相談された時などは、
的確にアドバイスする鋭さも
持ち合わせている。

寺脇康文/梅宮譲 役
横浜地検港南支部長。
出世コースからは外れているが、
部下からの人望は厚い頼れる上司。

生瀬勝久/竹村浩市 役
凜々子の父で竹村豆腐店の店主。
典型的な江戸っ子で義理人情に厚く、
涙もろい。年頃を迎えた娘の
恋愛・結婚事情が気になっている。


概 要

ベストセラー「聞く力」などで
知られる阿川佐和子の同名小説を
連続ドラマ化。
下町の豆腐屋に生まれ、
曲がったことが大嫌いな
主人公の新人検事・竹村凜々子を
吉高由里子が演じる。

検察庁を舞台に、凜々子が
不器用ながらも真っすぐに仕事に
突き進み、時には恋にも奔走しながら、
人間として、そして女性として
成長を遂げていく痛快お仕事ドラマ。

検事として悩み苦しみながらも、
決してくじけず事件と向き合い、
幸せを諦めない凜々子の姿を通して、
女性たちに明日への活力をおくる。
脚本は「花咲舞が黙ってない」
「東京タラレバ娘」
(ともに日本テレビ系)などを
手掛けたヒットメーカーの
松田裕子が担当する。



ストーリー


下町の豆腐屋の娘として生まれた
竹村凜々子(吉高由里子)は、
横浜地検港南支部に勤める
2年目の新人検事。持ち前の
正義感を武器に被疑者の
取り調べに挑むも、感情豊かで
頑固な上に融通の利かない
性格が災いして失敗を繰り返し、
落ち込むことも多い。

プライベートでも恋人から結婚と
仕事の選択を迫られたり、
父親の浮気疑惑が発覚したりと
トラブル続きの日々…。

そんな中で、凜々子は今日も
温かい家族や彼女の暴走に
振り回されながらもサポートする
担当検察事務官、同じ検察支部の
同僚に支えられながら、
ひたすら真っすぐに、
喜び、笑い、泣き、怒り、
仕事に恋に突き進んでいく。


⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。